• 2212月

    3
    某ファームさんのじゃなくても美味しいよ!以前、別ショップで今話題の某ファームさんの安納芋を買いましたが、非常にガッカリな商品でした。(思うにそのショップの管理方法が悪かったのかと)以降、くまもと風土さんの「訳あり安納芋」を購入し続けてますが、この商品はハズレたことが1度もありません。
    某ファームさんのじゃないから美味しくないなんて事は決してありませんよ。自宅用なら「訳あり」で十分だと思います。昨年は結局合計16キロも購入してました。今年も信じて、早2回目の追加購入です。沢山あって、食べきれるか心配されてる方は、干いもにすることをオススメします。日持ちもするし、何より、甘い安納芋が更に甘くなります。
    まず大鍋に安納芋を入れて水から茹でます。茹で時間は約1時間です。皮がめくれてきたものから、引き上げ(トングを使うと便利です)火傷に気を付けて、熱い内に皮を剥きます。大きい芋は薄く切り、小さい芋は丸のまま、干し網に並べて干します。
    干し具合はお好みですが、だいたい3~6日でしょうか。一週間干すと、かなり固くなります。ただ、鍋にアクが凄く付くのですが、安納芋の蜜でべたべたのアクなので、洗うのが大変です。裏を返せば、それだけお芋の蜜が凄いってことですけどね。ウチでは焼き芋よりも、干し芋の方が人気で、すぐになく
    なっちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です